オンラインマージャンに関する情報が無料で読める麻雀雑誌 月刊ネットマージャンオフィシャルサイト

アクセストレードレビュー

月刊ネットマージャンは"快適なネットマージャンライフを応援するマガジン"をコンセプトに作成されている架空のオンライン麻雀雑誌です

見出し

一点読みのアプローチ 手牌読みの可能性を追究する5



Q4 下家の待ちを一点で読んでほしい 難度★★★★


南家:
チー → 打
ポン → 打
ポン → 打




 模範解答 待ち

 想定手牌   ポン  ポン チー




 難問です。そしてちょっとした自信作でもあります。

 まず印象として、最終手出しのから-が本命に見えます。しかし断定するのは早計で、それ程単純な問題ではありません。

 この仕掛けは何の変哲もないように見えて1つ違和感があります。

 それは打のあとをポンしていること。


 鳴く前の形はで、この形ならに手を掛けるはずです。 従って-待ちは考えづらく、もう少し深く考える必要があります。  トイトイでもないのに両面をシャンポンに固定する理由として、以下のようなケースが考えられます。

(1)役牌の後付
(2)他に両面+両面がある

(1)は役牌は場切れでありえません。
(2)は残るターツを考えると

 

 が唯一残っていますが、直前のに鳴きが入っていないのでこれも否定されます。

 では一体この仕掛けは何なのか。

 残るケースとして、

(3)テンパイからの待ち替え

 があります。

ここまで来ればを除く5枚はマンズの複合形しかありません。

が2枚切れで候補外です。

が2枚枯れているので待ち替えするならにするのではないでしょうか。

残るはのみ。

これならテンパイ取りの後、は迷わず鳴く一手となります。

下家の待ちはズバリなのです。

今回は一点読みということで、他の待ちの可能性を消すために他家の河を作為的にこしらえましたが元になったのは実戦例です。 3フーロで鳴くかを迷っていたので、気になって後で見返してみると

 チー ポン

このような形でをポンしての待ち替えでした。
この場面ではの切れ具合を確認するために鳴きを迷っていたようです。

この類の仕掛けは珍しいものではありません。
特に3フーロ目の鳴きで迷っていたら
 ── 待ち取りに迷ったか待ち替えをしたか、そのどちらかを疑ってみましょう。
読みの材料は意外なところにあるものです。

最後はネット麻雀の実戦譜からの出題であり、一切手を加えていません。
ロジックを駆使して、一点まで絞り込めるでしょうか?
時間を気にせず考えて欲しい問題です。




Q5 下家の待ちを一点で読んでほしい 難度★★★★★


東家:
チー → 打
ポン → 打

南家:
ポン → 打
ポン → 打
ポン → 打

西家:
ポン → 打

北家:
チー → 打





一点読みのアプローチ 手牌読みの可能性を追究する1
一点読みのアプローチ 手牌読みの可能性を追究する2
一点読みのアプローチ 手牌読みの可能性を追究する3
一点読みのアプローチ 手牌読みの可能性を追究する4
一点読みのアプローチ 手牌読みの可能性を追究する5
一点読みのアプローチ 手牌読みの可能性を追究する6(NEXT)
一点読みのアプローチ 手牌読みの可能性を追究する7
表紙に戻る

東大を出たけれど (近代麻雀コミックス)
須田良規原作 井田ヒロト作
4812467497
東大を出たけれど 2
須田良規原作 井田ヒロト作
4812468868
東大を出たけれど 3
須田良規原作 井田ヒロト作
4812470951